So-net無料ブログ作成
「早期発見 → 告知」が早期絶望とならないように ブログトップ

早期診断・告知後のパンフレット『認知症の早期発見を希望に繋げるために』 Ver.30 [「早期発見 → 告知」が早期絶望とならないように]

早期診断・告知後のパンフレット『認知症の早期発見を希望に繋げるために』 Ver.30(2018.2.23作成)を公開しました。
 Ver.30.JPG

 https://drive.google.com/file/d/1b_nqeejzElB08U0F-sU4CfDOf7pZRLDa/view?ts=5a8f5be1
 
 以下の情報を追記致しました。

P4:
 ※認知症への見方を変えよう!2018年湘南オレンジカフェ(Shonan サミット)イベントレポート―認知症の予後はよくなっている
 https://www.facebook.com/atsushi.kasama.9/posts/919019421601071
 私が認知症の患者さんやご家族にいつも伝えていることは、認知症の進行スピードや予後は従来に比べてよくなってきているということです。90年代に行われた研究では、抗認知症薬を服用していなくても90年代前半と90年代後半を比較すると、後半のほうが認知症の進行スピードが前半の約半分であるという研究結果もあります。
 これは私たちの認知症に対する意識が変わってきたからだと考えます。認知症の改善のために、ストレスをかけない、できることを奪わないなどのさまざまな工夫をしてきたからなのです。
nice!(0)  コメント(0) 

早期診断・告知後のパンフレット Ver.15 [「早期発見 → 告知」が早期絶望とならないように]

運転.JPG
早期診断・告知後のパンフレット Ver.15を公開しました。

 https://drive.google.com/file/d/0B_luVeDtj5gLYnhxTjE2T0hvZDg/view?usp=sharing


改訂部分
 以下を追加致しました。
 ②-2 進行停止型?―自験例

P.S.
 事例の詳細は↓
 https://www.facebook.com/atsushi.kasama.9/posts/734499383386410

「早期発見 → 告知」が早期絶望とならないように ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。