So-net無料ブログ作成
検索選択

感情の記憶  ある日、森の中で熊さんに出会ったら・・ [記憶]

朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第655回『もの忘れを心配せず前向きに考える大切さ─残り続ける感情の記憶』(2014年10月28日公開)
 実は、認知症患者さんの方がむしろ感情が過敏であるという報告さえされているのです。『NHKためしてガッテン』(主婦と生活社発行 Vol.10春号 28 2011)には、以下のような記載があります。
 「アルツハイマー病の人は健康な人よりも、脳の中の感情をつかさどる扁桃体(Amygdala)の反応性が高く、感情が敏感になっている。」(Wright CI, Dickerson BC, Feczko E et al:A functional magnetic resonance imaging study of amygdala responses to human faces in aging and mild Alzheimer's disease. Biol Psychiatry Vol.62 1388-1395 2007)
 伊古田俊夫医師(脳神経外科学会専門医)は、情動記憶とノルアドレナリンの関係について以下のように述べております(一部改変)。
 「認知症においても、情動記憶(感覚の記憶)は最後まで残り続けることが特徴である。認知症の人は、自分を邪険にあつかう人の顔や名前は覚えられなくても、その人の足音や声の雰囲気などから存在を察知し、おびえることがある。反対に、自分を心地よく介護してくれる人のことも、感覚的に記憶していることがある。
 感情を揺さぶられるような情動刺激の強い出来事が起こると、扁桃体でのノルアドレナリン(神経伝達物質)の濃度が高まり、海馬における記憶定着の情報伝達が強く、速くなると考えられているのだ。
 災害や犯罪などに巻き込まれ、恐ろしい体験をした後に起きる『心的外傷後ストレス障害(PTSD)』は、恐ろしい記憶が過度に強く定着したために発生する精神的障害である。恐ろしい体験がフラッシュバックしてよみがえり、激しい動悸や発汗、悪夢や睡眠障害などが生じる。
 ノルアドレナリンの作用を抑える薬の早期投与で、PTSDを発症しにくくすることができるという研究報告がある。ノルアドレナリンが、記憶定着の強さに関わっていることを物語る事実である。」(伊古田俊夫:脳からみた認知症─不安を取り除き、介護の負担を軽くする 講談社, 東京, 2012, pp94-95)
 これまでに幾度か「ひょっとして認知症?」においてご紹介してきましたユマニチュード(http://apital.asahi.com/article/kasama/2014041000020.html)の手法におきましては、出会いから別れまでに5つのステップがあります。
 第1のステップ:出会いの準備
 第2のステップ:ケアの準備
 第3のステップ:知覚の連結
 第4のステップ:感情の固定
 第5のステップ:再会の約束
 この第4のステップである感情の固定においては、認知症が進行した状態においても感情記憶が保たれていることが応用されています。感情の固定により、気持ちよくケアができたことを患者さんの記憶にしっかりと残し、次回のケアにつなげることができるのです。
 国立病院機構東京医療センター総合内科医長の本田美和子医師らは、ケアやお互いの体験がポジティブなものであったことを言葉で明確に表現して、お互いの「絆」を確認することで、「つい先ほど行ったケアの価値を高めることができ、この人は嫌なことをしない、この人とはよい時間が過ごせるんだということを感情記憶にしっかりと残すことができる」(本田美和子、イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ:ユマニチュード入門 医学書院, 東京, 2014, pp124-125)と指摘しております。

Facebookコメント
 納家勇治先生(Center for Neural Science, NewYork University)は、記憶の修飾に関して非常に印象的なコメントを語っています(村上郁也:イラストレクチャー 認知神経科学 ─心理学と脳科学が解くこころの仕組み─ オーム社, 東京, 2011, pp154-155)。
 「努力しても忘れてしまう記憶もあれば、その気はなくても忘れられない記憶もある。たとえば、ある日、森の中で熊に出会ったら、まず忘れることはない。これはなぜであろうか。記憶が強烈だから。この場合の強烈とは覚醒状態に入ることで、生理的にはアドレナリンの血中濃度があがり心拍数や血糖値が上昇することである。アドレナリンは闘争または逃走にそなえる身体的コンディションだけでなく、記憶修飾システムを介して記憶貯蔵の強度にも影響を与える。この記憶修飾システムは貯蔵のためのシステムとは独立して存在し、その中枢は扁桃体の外核と基底核からなる領域とされる。」

今さら聞けないPLUS―記憶 全生活史健忘 解離性健忘 [記憶]

今さら聞けないPLUS―記憶
 脳のいろいろな所に保管

(冒頭省略)
 人の脳は、大脳、小脳、脳幹などからなり、脳幹は生命維持、小脳は運動能力、大脳は思考や言語など脳の高度な働きに関係しています。大脳の側頭葉の内側に海馬などがあります。海馬は記憶づくりの始めにかかわりますが、繰り返し覚えたり、思い出したりするうちに、記憶は大脳のいろいろな所に保管されると考えられています。手続き記憶は小脳や大脳の一部が受け持ちます。
 認知症は、新しい出来事が記憶できなくなるか、思い出せなくなるかで、エピソード記憶の障害で気づかれることが多いです。
 記憶が障害される病気は他にもいろいろあります。健康な人が突然、記憶できなくなる「一過性全健忘」で、脳の血管障害によると考えられています。海馬の働きが空回りするような状態で、たいてい1日以内におさまるそうです。
 何か強烈なショック(心因)などで、それまでの生活をすべて思い出せなくなるのが「全生活史健忘」です。ある時点までは覚えているが、その後の出来事は覚えていないなど部分的な場合もあります。自然に思い出していく人もいますが、なかなか思い出せない人もいます。催眠下、または半催眠下で、質問をすると思い出すこともあります。
 しかし慶応大の三村将教授(精神・神経科学)は、「治寮方針は慎重に検討しなければならない。強烈な心因があり、無意識に記憶を失って生まれ変わっているような状況の人に、簡単に思い出させてよいのかという問題がある」と話します。記憶を失い別人として暮らす人もいるそうです。

記者のひとこと
 同窓会で昔話に花が咲き、忘れかけていたエピソードが次々と出てくると、記憶がよみがえります。記憶に残った部分が違うためか、自分に都合よく記憶したためか、人によって微妙に記憶が違っています。盛り上がるうちに、ここでまた新たな記憶が作られていくのだなあと思います。(瀬川茂子)

私の感想
 奥様に秘めた過去をお持ちの方は、酔って“半覚醒”状態でされる質問にはご注意を!
 まあ冗談はさておき、この「全生活史健忘」って興味深くないですか?
 以前私が連載しておりました朝日新聞社アピタルの医療ブログ「ひょっとして認知症?」においても「全生活史健忘」について言及したことがありますので以下にご紹介致します。

朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第408回『さまざまな「急速に起きる健忘」―特殊だけど「全生活史健忘」がある』(2014年2月17日公開)
 非常に特殊な健忘症に、「全生活史健忘」という病態があります。社会的な出来事に関する記憶が保たれているのに自己の生活史の記憶を失っている状態です。精神科疾患としての全生活史健忘は、非適応的性格や心理的葛藤、抑うつ状態を背景に出現し、全生活史健忘が防衛機制として機能するようです。一方、全生活史健忘が器質的脳疾患によっても出現することが稀にあり、軽微な頭部外傷後に発症するケースがあるようです(吉村菜穂子、大槻美佳:頭部外傷後の全生活史健忘. 脳神経 Vol.51 55-57 1999)。
 いずみの杜診療所(http://www.izuminomori.jp/area/izumi/izumi_cl.html)の山崎英樹医師は著書において、「さっきのことは思いだせても、昔のことが一定期間をさかのぼって思いだせないという純粋逆向健忘が、2~3年から10年以上にわたることがあり、全生活史をおおうときは全生活史健忘といいます。数年の純粋逆向健忘は単純ヘルペス脳炎や外傷後の内側側頭葉病変から生じることがあり、全生活史健忘には心因性と思われるものもあります。」と述べています(山崎英樹:認知症ケアの知好楽 雲母書房, 東京, 2011, p88)。
 全生活史健忘は、一定の期間を経てある程度は自然に回復する傾向が認められます。
 京都大学大学院人間・環境学研究科の大東祥孝教授は、全生活史健忘の発症・回復の過程に関して、実例(25歳・男性)も提示して詳しく報告しております(大東祥孝:記憶と意識─全生活史健忘. こころの科学 通巻138号 64-70 2008)。
 「全生活史健忘の典型例では、発症は、倒れて意識を失い、まもなく意識を回復した時点で、はたと自分が誰であるかわからない、ということに気づくことで始まる。時にこうした状態が長期に続く場合もあるが、多くは、数カ月以内にもとに戻る。…(中略)…回復時の過程は、短時間(数時間以内)のうちに急激に戻る場合もあれば、眠って覚醒するごとに徐々に回復してゆくこともある。急激に回復する場合でも、何か想い出しそうな予感が続いて、深く眠ったあとに、大きな変化に気づくことが多く、また、夢のなかで、いわば先取りして『想起できない過去』のシーンが現れることもある。」


朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第409回『さまざまな「急速に起きる健忘」―ピアノマンは「全生活史健忘」だったのか?』(2014年2月18日公開)
 全生活史健忘においては、自己アイデンティティの喪失(メモ8参照)を来します。自伝的記憶(自身の体験に関するエピソード記憶)の取り出しには、右半球側頭葉前部から前頭葉眼窩部におよぶ領域が深く関わっていることが示唆されています。
 皆さん、「ピアノマン」の報道は記憶に新しいのではないでしょうか。2005年4月にイギリスの海岸で、びしょ濡れの黒いスーツとネクタイ姿の若い男性が彷徨っており保護されましたね。ひと言も話さないため、病院職員が紙と鉛筆を渡すと、グランドピアノの絵を描き、ピアノの前に連れて行くと「白鳥の湖」などを巧みに演奏したという報道です。診断名は明らかにされていませんが、「ピアノマン」は全生活史健忘だったのではなかろうかと私は推測しております。

メモ8:自己アイデンティティの喪失
 「心理的要因の大きな健忘は解離性健忘(dissociative amnesia)である。解離性障害とは、記憶、意識、人格の連続性に障害が生じ、記憶や意識の欠損、人格の交代などの症状を呈する疾患である。健忘が主症状の場合には解離性健忘と診断される。解離性健忘は、全般型解離性健忘と局在型解離性健忘に大きく分けることができる。
 全般型では、過去の記憶を広範囲にわたって想起できなくなる。健忘が人生のすべての記憶に及んだ場合は、全生活史健忘と呼ばれる。全生活史健忘では、自分がだれであるか、出身地、家族構成、学歴や職歴など、履歴書に記入するような情報を想起できない。この症状を自己アイデンティティの喪失という。全生活史健忘で場所の移動を伴う場合には、とん走(fugue)を伴うと診断される。とん走を伴う患者は、何の関係もない遠方の土地をぼんやりと徘徊して挙動不審のために、ときには、自殺企図や自殺未遂のために、警察に保護されることがある。名前が言えないために、医療機関に搬送され、脳器質的疾患を否定された上で精神科診察室に登場する。自己アイデンティティの喪失を伴う解離性健忘患者が、別の土地で別の名前で、自分がだれであるのかわからないまま、別の人生を歩んでいたという症例報告もなされている
 全生活史健忘では、器質性の健忘症候群のように、記憶の欠損を作話で補うことはせず、『わからない』を連発する。前向性健忘の検査では、成績低下を認めたとしても軽度である。」(吉益晴夫:記憶. 精神科 Vol.23 147-151 2013)

「バナナは黄色い」というのは、元の記憶から抜きだされた記憶 [記憶]

「バナナは黄色い」というのは、元の記憶から抜きだされた記憶

(冒頭省略)
 患者H.M.氏は、海馬が切除されたことによって、記憶のすべてを失ったわけではなかった。たとえば自分の家族のこと、物の名前などは覚えていた。また、いわれた7個程度の数をその場で復唱するといった脳の機能(即時記憶)には問題がなかった。
 …(中略)…

私たちは、いつ「バナナは黄色い」と覚えたのか?
 「海馬が非常に重要な役割を果たす『出来事の記憶』に対して、海馬がほとんど関与しない『意味の記憶(semantic memory)』というものがあります。たとえば『バナナは黄色い』といった例です」(利根川博士)。H.M.氏の脳から失われなかった記憶も、意味記憶である。意味記憶は、脳の表側にある大脳皮質のうち、とくに側頭部から頭頂部にかけての領域(側頭葉)に保持されているという。
 「意味記憶は、実は元は出来事の記憶からできています」と利根川博士は解説する。「たとえば、ずっと昔、親が子供にバナナをはじめて食べさせたとしましょう。子供はそれが何かわからないけれど、食べてみるとおいしくて、そして黄色い。こういうエピソードを何回もくりかえした中から、『バナナは黄色い』というところだけが、共通事項として抜きだされたのです。意味の記憶というのは皆、そういうものなのです」(利根川博士)。ちなみに、記憶をさかのぼれるのは、3歳ころの記憶までだといわれている。
海馬.jpg
 では、出来事の記憶から、意味の記憶はどうやってつくられるのだろうか。利根川博士によれば、海馬ではまかなえなくなって、脳の表側にある大脳皮質に記憶が転送されるのだという(イラスト)。ただし、転送方法の詳細はわかっていない。
(以下省略)
 【Newton Vol.36 2016/5月号 シリーズ.脳とニューロン第2回─記憶のしくみ研究最前線(なぜ覚えて、思いだせるのか?) 68-77】


私の感想
 朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第18回 『認知症の代表的疾患─アルツハイマー病 アルツハイマー病の症状』(2013年1月1日公開)におきまして記憶のメカニズムに関する諸情報をお届けしました。
 以下に再掲いたします。
 
朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第18回 『認知症の代表的疾患─アルツハイマー病 アルツハイマー病の症状』(2013年1月1日公開)
 アルツハイマー病の症状としては、初期から記憶障害がほぼ必発であり、多くの場合には初発症状となります。特にエピソード記憶(メモ1参照)の障害が中心になります。
 病識は欠如し、「取り繕い反応(場合わせ反応)」(メモ2参照)が目立ちます。初期からの人格変化(メモ3参照)は稀で、礼節は保たれます(下濱 俊:認知症の概念・病態. 医薬ジャーナル Vol.48 1955-1965 2012)。

メモ1:エピソード記憶
 記憶には、短期記憶と長期記憶があります。
 長期記憶は、陳述記憶と非陳述記憶に分けられます。
 陳述記憶には、エピソード記憶と意味記憶があります。エピソード記憶とは、個人的な経験たとえば皆でピクニックへ行ったとか、夕食の内容などの記憶です。意味記憶とは、社会的に誰もが知っているような事実や地名などの記憶です。
 非陳述記憶の代表は、手続き記憶です。手続き記憶とは、自転車の乗り方のように体で覚えている記憶です。

メモ2:取り繕い反応
 アルツハイマー病患者さんの特徴として、取り繕いが上手いことがあげられます。特に、初期のアルツハイマー病患者さんは、返事に困っても上手くその場を切り抜けるため、日常会話だけでは、変化に気付くことが難しいのです。
 「今日は何日ですか?」と質問すると、「うーん、この歳になったら日にちは関係ないから」「今日は新聞見てこなかったから」と取り繕って、その場をうまく切り抜けますので、ご近所の方が患者さんと世間話をしているだけでは、認知症の存在に気づきません。
 このようにアルツハイマー病の患者さんは、残された能力をフル活動してその場を取り繕う努力をしているのです。身近でない人に対して普通に挨拶が交わせますし、介護保険の認定調査などの際にてきぱきと答えるため、認知症の程度が軽く判定されてしまうといった事態がしばしば起きてしまいます。

メモ3:アルツハイマー病初期における性格変化
 アルツハイマー病初期における性格変化について報告した論文があります。
 80人のアルツハイマー病外来患者さんを対象とした調査では、「41%に思考の柔軟性低下、39%に他人の思いに対する配慮の低下、26%で自己中心的な性向の増大、36%で感情の繊細さが失われる」(斎藤正彦:アルツハイマー病初期にみられる性格変化. 老年精神医学雑誌 Vol.16 310-314 2005)といった性格変化が報告されています。
 認知症においては、「人格変化」が症状の一つとして象徴的に指摘されますね。しかしながら、人格変化が顕著に目立つのは、前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia;FTD)というタイプの認知症です。

Facebookコメント
短期記憶と長期記憶:
 「記憶は記憶痕跡の把持時間により短期記憶(把持時間:~数十秒)と長期記憶とに分けられ、長期記憶はさらに近時記憶(把持時間:数分から数日)、遠隔記憶(把持時間:数週間以上)に分けられる。
 短期記憶とは即時記憶ともいわれ、最大60秒程度の秒単位の記憶である。容量に制限があり、把持時間にも制限があることが特徴である。
 一方、長期記憶は数分以上の間隔を経て、再生することが可能な記憶であり、近時記憶においては再生を繰り返すことにより定着が進むといわれる。しっかりと貯蔵され、必要に応じて取り出しが可能な記憶を遠隔記憶という。
 記憶のプロセスとしては、少なくとも体験の登録・符号化、把持・貯蔵、想起の3過程があるが、このいずれが障害されても記憶障害が出現する。入力情報の正確な登録・符号化がなされず、登録が不完全となる場合、いわゆる記憶以前の段階の障害であり、前述の即時記憶が障害されることとなる。また、想起には再生(recall)と再認(recognition)とがあり、再生はさらに自由再生と手がかり再生とに分類される。再認とは複数項目のなかで既知のものを多者択一で選択することである。」(シリーズ総編集/辻 省次 専門編集/河村 満 著/三村 將:アクチュアル脳・神経疾患の臨床─認知症・神経心理学的アプローチ 中山書店, 東京, 2012, pp8-10)【一部改変】

Facebookコメント
 「エピソード記憶の障害は、前向性健忘(anterograde amnesia)と逆向性健忘(retrograde amnesia)に分けて検討する。健忘の発症より古いことを想起できないと逆向性健忘、発症後に新しいことを学習できないと前向性健忘である。アルツハイマー型認知症のように徐々に発症して発症時点がはっきりしない疾患においては、どこまでが逆向性健忘でどこからが前向性健忘なのか、明確に区別できないことも多い。
 前向性健忘のスクリーニングとしては、ミニメンタルステート検査(MMSE)と改訂長谷川式認知症スクリーニングテスト(HDS-R)のなかの遅延再生課題が有用である。いずれの課題も、『桜』、『猫』、『電車』などの3語を記憶させ、直後に再生させ(即時再生)、その後、計算課題などをはさんだ後に、覚えた言葉の想起を再度求める構造をとっている(遅延再生)。即時再生は、主に注意力と関連した作業記憶課題であり、遅延再生が前向性健忘と関連した課題である。」(吉益晴夫:記憶. 精神科 Vol.23 147-151 2013)

Facebookコメント
記憶の種類とアルツハイマー型認知症の関係:
 「認知症にはいくつかのタイプがあり、すべてのタイプを一括りにして捉えることはできないが、アルツハイマー型認知症について言えば、その初期症状として比較的顕著な低下が認められる記憶機能は、まず、エピソード記憶であり、次に障害されることが多いのが作動記憶である。つまり、短期記憶と長期記憶という分類で言えば、どちらか一方から消失していくのではないということになる。
 なお、臨床的によく使用されている近時記憶という語は、認知心理学でいう長期記憶に相当し、数分から数週、数カ月前の出来事の記憶(エピソード記憶)を指す。
 アルツハイマー型認知症では、近時記憶が障害されやすいというのは間違いではないが、この場合の近時記憶という語は、認知心理学的な意味での短期記憶ではなく、長期記憶に相当する。
 一方、記憶の情報処理過程を考えた時の、時間的な順序に着目すれば、①情報を覚える(符号化)、②覚えておく(保持)、③思い出す(想起)、という段階が考えられる。
 このうち、①と③については脳内メカニズムについても多くの研究報告があり、海馬を含む側頭葉内側部や前頭葉が関与することが知られている。アルツハイマー型認知症では、側頭葉や前頭葉に萎縮が生じるが、その程度は、作動記憶やエピソード記憶における符号化や想起能力の低下とも関連がある。それに対し、②については、後で思い出せたか否かでしか判断ができないという理論的限界も指摘されており、その脳内メカニズムに関する研究もかなり限定的である。」(梅田 聡、加藤元一郎:アルツハイマー型認知症の記憶喪失機序. 2014年1月4日号日本医事新報No.4680 42-43 2014)

Facebookコメント
2014年1月14日付毎日新聞・社会
 ─世界から名詞が剥がれていく
 ─忘却 もがく日々
 ─若年性認知症の56歳
 ─スマホにメモ 記憶再現

 世界から名詞がどんどん剥がれていく─。関西地方に住む若年性認知症の会社員の男性(56)が、記憶を失い始めた自身の姿を克明につづった手記を毎日新聞に寄せた。症状が進む自らの感覚を冷静に見つめ、忘れることの痛みや苦しみを率直に描いている。男性は「認知症になるとつらい気持ちも分からなくなると思われがちだが、記憶を失いもがき苦しんでいることを理解してほしい」と訴えている。【山崎友記子】

 <世の中は名詞で埋まります。「認知症」と突然、医師から告げられて、後から私は認知症になりました。(中略)ただの記憶の忘却がその瞬間に「認知症」という重い病の雨になって降り注いできました>
 認知症と診断されたのは昨年5月。物忘れがひどくなったのを機に脳神経外科を受診すると、いくつかのテストの後に、医師から認知症と告げられた。
 <「薬を出します」と雷鳴が鳴り響き、踏切が突然、閉まり特急電車が走る。なのに私は何も動けない、不安ばかりが洪水となって流れこむ、それは認知症だから>
 認知症は高齢者がなるものと思っていた。すぐに徘徊や妄想が始まる、というイメージしか持てなかった。ショックで三日三晩泣き続けた。妻(47)は「治らない認知症はがんよりひどい」と嘆き、人には認知症のことを言わないよう男性に口止めした。
 言葉を失ったら、何も書けなくなるのではないか。今のうちに体験や思いを書き残したい。若い時から読書家だった男性はパソコンに向かい、告知から2、3カ月の間に、いくつも文章をつづった。

男性が毎日新聞に寄せた文章の抜粋
 忘れるということは、ただ単に忘れるということではなく、大きく穴を開けた傷に塩をすりつけるほどの痛みがあります。
 いつも会っている人の名前がしゆうう驟雨(しゅうう)の如く流れ消え去る。それは大事な世界を落としたことになり、自分自身が崖に滑落したような大きな痛みと悔しさにあふれる。

 <名前をよく忘れるので何とか思い出すと、その度に(スマートフォンの)アイフォーンにメモをしては覚えます。この効果は抜群で、一回忘れた十数名の名前や場所名が今は再現されます。それはうれしいです。
 でもそれ以上に、世界から名詞がどんどん剥がれていく。コーヒーカップが消えたりする魔法にもよく感染します。何でもない日常生活が、いつも冷や冷やしてかなり疲れます> 
 男性はその後、若年性認知症に理解のある専門医らに出会い、精神的に落ち着いた。文章が書けたことも自信につながり、現在も短時間ながら仕事を続けている。

Facebookコメント
海馬は記憶、前頭前野は知性
 目や耳など感覚器官から入ってきた情報は、必ず最初に海馬に流れ込むことがわかっています。海馬は、入ってきた情報を一時期保管し、評価や整理を行ったうえで、残すに値する情報だけを脳の各所にある「長期記憶の貯蔵庫」に送り出します。
 つまり海馬は「記憶を貯めておく倉庫」ではなく、「記憶の整理を行う管理塔」なのです。
 一方、前頭前野の役割はより大きなものです。ここは、人を人たらしめる最重要の脳部位と言えます。思考・判断・創造性といった高次の機能、さらに意欲・注意力・行動や情動の抑制といった機能を、この前頭前野が担っています。
 ですから、ここが冒されると、社会生活はきわめて困難になります。
 たとえば、意欲が衰え、周囲に対し無関心・無感動になり、その一方で感情や行動の抑制が利かなくなり、「人格が変わった」と言われるようになります。
【サミュエル・ライダー:ボケないための、五・七・五 筑摩書房, 東京, 2014, pp32-33】