So-net無料ブログ作成
検索選択
ウォーキング ブログトップ

ひざ痛―1日1万歩は意味がない [ウォーキング]

ひざ痛―1日1万歩は意味がない

 ウォーキングブームが続いている。健康推持のためだけでなく、「脚が弱って寝たきりになりたくないから」という動機で始める人も少なくない。だが脚を鍛え、ひざを守るという点から見ると、ウォーキングは不十分だと言う。テレビ番組などでひざ評論家として活躍中の整形外科・戸田佳孝医師(戸田整形外科リウマチ科クリニック)が警鐘を鳴らす。
 …(中略)…
 最後まで歩ける体力を維持し、ひざへの負担を軽減するためにも、脚の筋肉を鍛えることはとても大切です。とくに、ひぎを守るためには、脚の太ももの表側の筋肉(大腿四頭筋)と裏側の筋肉(ハムストリングス)を鍛える必要があります。これらの筋肉が、歩いたときやジャンプしたときの衝撃を和らげ、ひぎへの負担を軽くしてくれるからです。
 しかしいくら歩いても、これらの筋肉を鍛えることはできません。私のクリニックでの調査でも、運動習慣のない人たち五十四人と、ラジオ体操に加えてウォーキングを習慣にしている人たち三十八人を抽出して、脚の筋力を比べたところ、前者が10.4kg、後者が10.0kgで、結果はほぼ互角でした。
 一方、脚の筋力トレーニングを行っている人たち三十八人の平均は12.0kgで、明白な差がありました。この結果からも、ひざを守るためには歩くだけではダメで、筋力トレーニングが欠かせないことがわかります。

一日八千歩でOK
 トレーニングといっても、特別な器具やジム通いは必要ありません。おすすめなのが、私が考案した「足先内向きコーナースクワット」(イラスト参照)です。
コーナースクワット.jpg
 まず、家の壁の隅(コーナー)にお尻をつけて、足先を内側に向けて立ちます。その体勢で壁に背中をつけたまま、ゆっくりひざを曲げて、五秒数えます。太ももの筋肉に力が入り、触ってみると力が入ってこわばっているのがわかるはずです。
 一セット五回、はじめは一日に三回(起床直後、昼食後、就寝前)行ってください。慣れてきたら朝食後と夕食後の二回追加して、一日五セット行いましょう。忘れたら思い出したときに行えば結構ですので、一日の合計が十五回以上になるようにしてください。
 …(中略)…
 よく「一日一万歩が目標」と言われますが、東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室・青栁幸利室長らの研究によると、一日に八千歩程度でも十分に病気予防の効果が得られるそうです。
 以下省略(鳥集徹)
 【戸田佳孝:ひざ痛―1日1万歩は意味がない. 文藝春秋第九十四巻第七号 277-279 2016】
ウォーキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。