So-net無料ブログ作成
検索選択

髪モテ師 2D:4Dの比率 [脳科学]

髪モテ師

 今、放送中の「激突!! ニッポン仕事人 若き才能vsベテラン技」、けっこう面白い!
 http://www.mbs.jp/nippon-shigotonin/

 何に~! 髪を切ってもらった女性の80%に彼氏ができる
 何と衝撃的な内容!

 髪モテ師・大悟さんのHPは↓
 http://ameblo.jp/motegamishi/

P.S.
 大悟さんが番組内で解説していた「2D:4Dの比率」の話、実は私が2010.9.28~2015.3.29に執筆担当(約4年半で1,337本の原稿を寄稿)しておりました朝日新聞社の医療ブログ「ひょっとして認知症?」(「アスパラクラブ」&「アピタル」)の第432回『加齢とからだ、加齢と知能─薬指の長さと男性ホルモン』においてご紹介したことがあるんですよ。
 以下にご紹介しますね。


2014.3.13公開
 http://apital.asahi.com/article/kasama/2014030400010.html(注:今はリンクされていません!)
《432》加齢とからだ、加齢と知能─薬指の長さと男性ホルモン
 たまには、ちょっと興味深いネタ話もご紹介しましょうね。
 2011年5月18日放送『ホンマでっか!? TV』において、テレビ朝日系『天才をつくる!ガリレオ脳研』などでお馴染みの人間性脳科学研究所所長の澤口俊之先生が「2D4D比」に関して言及しました。
 第4指(薬指あるいは環指)に対する第2指(人差し指あるいは示指)の比率(2D÷4D)である指比率(2D:4Dratio)は、胎児期の男性ホルモン暴露指標としてしばしば使用され、母体の胎内でさらされる男性ホルモンの量が多ければ薬指が長くなり(=2D:4Dの比率が小さくなる)、より男性的になるとの指摘があります。
 指比率(2D:4Dratio)に関する学術的な研究もあり、胎児の間に男性ホルモンの影響を強く受けて育った(2D:4Dの比率が小さい)男性は、「スポーツ選手や投機ビジネスに向いている」(http://www.daito-p.co.jp/blog/2011/04/14/)ことを紹介しております。
 なお、草食系男子(基準:①女性への興味が強くない、②何事にも態度が控えめ、③声が小さく従順な感じ、④色白で筋肉質ではない、⑤消化器系が弱いなど)と思われる平均年齢30.8歳の男性21名のホルモン動態、2D/4Dなどを調査した報告では、若年にもかかわらず加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の診断基準で境界域である遊離テストステロン11.8pg/mL以下を示す例は10名(47.6%)に認められたものの、2D/4Dはテストステロン分泌予測に有用ではなかった(ホルモン低値群もホルモン正常群ともテストステロン分泌が少ないとされる0.96[2D/4D]以上の値を示さなかった)ことも報告されております(池岡清光、小西未来、岡川泰子:草食系男子のホルモン動態. 日本医事新報No.4659 32-36 2013)。
 飲み会のひとときを楽しく過ごす話題の一つにはなるかも知れませんね。

 では、2D:4Dの比率が小さいことはすべてにおいて良いことか?と言えば答えはNo!です。2011年6月23日号Medical Tribune(Vol.44 p46)に、『薬指の長さでALSリスク予測』という記事が掲載されておりました。
 筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis;ALS)は多くの場合、手指の使いにくさや肘から先の力が弱くなり、筋肉がやせることで始まります。話しにくい、食べ物が飲み込みにくいという症状で始まることもあります。いずれの場合でも、やがては呼吸の筋肉を含めて全身の筋肉がやせて力が入らなくなり、歩けなくなり最後は寝たきりとなり、水や食べ物の飲み込みも困難となり、呼吸も十分にできなくなる神経難病です。残念ながらまだ病気の正確な原因は解明されておりません。女性よりやや男性に多く、中年以降に発症します。
 ロンドン大学キングズカレッジ精神医学研究所のAmmar Al-Chalabi教授らは、「出生前にテストステロン値が高いと、成人後に運動ニューロンのアンドロゲン感受性が低下するのではないか」と考え、ALS患者さんにおける2D/4D比を検討し、「ALS患者では、2D/4D比が低い傾向にある」と発表しました(Vivekananda U, Manjalay ZR, Ganesalingam J et al:Low index-to-ring finger length ratio in sporadic ALS supports prenatally defined motor neuronal vulnerability. J Neurol Neurosurg Psychiatry Vol.82 635-637 2011)。
 もし胚発生時という非常に初期の段階で受けた影響が、成人後の運動ニューロン病の発症に関与しているのだとすれば、発症機序の解明に結びつき新しい治療法の開発に繋がる可能性が出てくるかも知れませんね。

「死にたい」の理解と対応 [自殺防止]

こころの科学.jpg
総論:「死にたい」の理解と対応
はじめに─「死にたい」は自殺の危険因子
 最初に断言しておきたい。「『死ぬ、死ぬ』と言う奴に限って死なない」という通説は迷信以外の何ものでもない。ケスラーらの大規模疫学調査は、自殺念慮を抱いた者の三四%は具体的な自殺の計画を立てており、自殺の計画を立てた者の七二%は実際に自殺企図におよんでいたことを明らかにしている。つまり、自殺念慮を抱いたことのある者の二五%が実際に自殺企図におよんだ経験かあったわけである。そしていうまでもなく、この二五%という割合は一般人口における自殺企図の経験率とは比較にならないほど高い数字だ。この事実だけでも、「死にたい」という発言や考えが、将来における自殺リスクと密接に関連していることがわかるであろう。
 …(中略)…

どうすれば「死にたい」に気づけるか
 …(中略)…
 実際、筆者自身にも思い当たる経験がある。もう一〇年以上昔の話、自殺したある男性患者を最後に診察したときのことだ。そのとき、筆者はうまく言語化できないものの、ある種の違和感のような感触を覚えたのだった。というのも、この数年、渋面しか見せなかった患者か、その日に限って不思議と何か悟ったような、吹っ切れた表情をしていたからだ。突然の変化に、筆者ほ少しだけ胸騒ぎを覚えた。脳裏に「自殺?」という考えが一瞬だけよぎったのも、はっきりと記憶している。しかし筆者は、「まさか」とすぐさまその考えを打ち消し、「次回も気になったら質問しよう」とみずからにいいきかせて診察を終えた。なにしろ、その日は自殺に関する話題を持ち出すのは唐突な気がしたし、「今日くらい、彼を笑顔のまま帰したい」と思った──いや、そうではない。正直にいえば、自分が重苦しい話を避けたかったのだ。
 彼がみずから命を絶ったのほ、それからわずか二日後のことだった。今でも私は、「あのとき質問していれば……」と後悔の念に苛まれることがある。もちろん、たとえ彼の自殺念慮に気づいたところで、その背景にある現実的な困難を解決することはできなかったかもしれないが、少なくとも次の診察日には生きた彼を来院させることができた気がする。単なる時間稼ぎ、一時的な延命に過ぎなかったかもしれない。しかしそれでも、ほんのささいな障壁が人の運命を一八〇度変えることだってある。
 たとえば、サンフランシスコゴールデンゲートブリッジから飛び降りようとしているところを警察官によって強制的に退去させられた人たちの追跡調査の結果は、そのよい例かもしれない。その調査によれば、強制的に退去させられた者は、巨大橋梁からの飛び降りというきわめて致死性の高い手段による自殺を決行寸前までいったにもかかわらず、その約九割は七年後にも生存していたというのだ。ちなみに、彼らは決して精神科病院に連れて行かれたわけではない。ただ、パトカーで自宅に送り届けられただけだった。
 繰り返しになるが、自殺念慮に気づくには質問するしかない。援助者のなかには、自殺念慮に関する質問をすることで、「かえって患者の『背中を押す』ことになるのではないか」「もっと精神状態を不安定にするのではないか」と恐れる者もいる。しかし、聞いたからといって患者が自殺しやすくなることを明らかにした研究はいまのところ一つもなく、専門家は口をそろえて「質問しなければならない」と強調している。それどころか、その質問が意思疎通の通路を開く契機となる場合もある。チャイルズとストローザルは、「(自殺について質問されることで)むしろ患者は安心することが多い。質問されることによって、これまで必死に秘密にしてきたことや個人的な恥や屈辱の体験に終止符が打たれる」と指摘している。

 以下省略
 【松本俊彦:総論:「死にたい」の理解と対応. こころの科学 通巻186号 10-16 2016】

子宮頸がんワクチンで痛み・マヒ─被害者「人生奪われ悔しい」 [医療]

子宮頸がんワクチンで痛み・マヒ
 副作用被害 集団提訴へ─国などに賠償請求

被害者「人生奪われ悔しい
 埼玉県大学1年生、酒井七海さん(21)は「副作用があるとわかっていながら、起きた副作用に対しての十分な治療方法もなく、5年間苦しんできた。私がなぜ被害を受けたのか、なぜすぐ適切な医療を受けられなかったのかを知りたい」と訴えた。
 高校1年だった2011年2~3月に2回接種した。2回目の翌日に失神し、頭痛やめまいに悩まされるようになった。これまでに22回入退院を繰り返したが、症状は悪化。いまは車いす生活で、右足に装具をつけないと立ち上がれない。視野の一部も欠け、見えづらい。
 副作用について国がまとめた資料で自身の欄を確認すると「回復」と書いてあり、副作用についての国の追跡調査の対象にもならなかった。「私たちはデータではなく一人の人間。一人の人間の人生が変わってしまったことを訴えたい」。悩んだ末、実名を明らかにして訴えることを決意した。

分かれる評価
 子宮頸がんは国内では年に約1万人(上皮内がんを除く)が発病し、約3千人が死亡する。ワクチンは、子宮頸がん全体の50~70%の原因とされる2種類のウイルスの感染を防ぐ効果があるとされる。がんそのものを予防する効果は証明されていないが、海外では、がんの前段階の状態を減らす効果が報告されている。
 厚生労働省が推奨を控えて以降、再開の是非を決められないのはワクチンの評価が分かれているためだ。
 川崎医科大の中野貴司教授(小児科)は「(推奨の中止が続けば)将来、先進国のなかで子宮頸がんの患者が減っていない国が日本だけになりかねない」と指摘。日本産科婦人科学会も推奨の再開を求めている。推奨の中止が続く日本について世界保健機関(WHO)は昨年12月、「弱い証拠に基づいた政策決定」などと声明で批判した。
 一方、東京医大医学総合研究所の西岡久寿樹所長らのグループは、副作用をワクチンと関連する新たな病態としてとらえるべきだと主張。効果よりも副作用のほうが上回るとしている。
 厚労省が結論を出す際に根拠にするつもりなのが疫学調査だ。ワクチンによる健康被害と訴えている症状が、接種を受けた人と受けていない人で発症する割合に差があるかどうかを調べる。ただ、結果が出る時期ははっきりしていない。
 【2016年3月31日付朝日新聞・社会】
 【デジタルhttp://digital.asahi.com/articles/ASJ3X5TGQJ3XUTIL04P.html?rm=418

子宮頸がんワクチンの経緯.jpg
 若い患者が急増したため、国は10年11月からワクチン接種への公費助成を始めた。13年4月からは小学6年~高校1年の女子を対象に原則無料の定期接種とした。しかし、全身の痛みや倦怠(けんたい)感などの健康被害を訴える声が相次ぎ、国は同年6月に積極的な接種の勧奨を中止した。
 厚生労働省によると、14年11月までに約338万人が接種を受け、2584人が「副作用」を訴えている。同省は「実態の解明にはさらに研究が必要」としており、接種の勧奨再開のめどは立っていない。
 提訴方針について、厚生労働省とグラクソ・スミスクラインは「詳しい内容を承知していないのでコメントは差し控えたい」などとし、MSDは「世界各国で承認されており、圧倒的な科学的エビデンスがあることから被害者連絡会のこれまでの主張に根拠はないと信じている」としている。
 【2016年3月31日付日本経済新聞・社会】

私の感想:
 問題となったワクチンは、グラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」とMSDの「ガーダシル」です。
 私は諸情報を元に、ワクチン接種が始まって間もない時点で(=公費助成前に)、高校生(当時)の娘にも接種させました。「公費助成」の噂はありましたがお金の問題じゃないですからね・・。
 一歩間違えば、副作用で苦しんでいたかも・・という状況ですよね。
 薬害エイズ以来の大きな問題だと感じます。

吉野・開花状況 [行楽]

吉野・開花状況
吉野桜.JPG

 見頃が近づいてきました。
 今年は思い切って行こうかな・・。

最新情報は ↓
 http://www.yoshinoyama-sakura.jp/sakura.php

ADHD(小児&青年)の治療薬服用% [発達障害]

クイズに挑戦してみました

 ADHD(小児&青年)の治療薬服用%
 キャプチャ.JPG


 正解は、
 ADHD服薬率.JPG

 意外ですね。
 こんなにも服薬率が高いのですね。
 でも、受診したケースが母数なのでしょうから、受診していない未治療のケースが相当多いのだと思います。

医出づる国⑤―明日を拓く [医療]

医出づる国⑤―明日を拓く
 医師任せで大丈夫?
 患者の選択、生き方決める

 東京都立神経病院(府中市)で2月、難病を患う小川伝司さん(59)の退院後の支援体制を話し合う会議が開かれた。医師や地域の保健師ら十数人を前に小川さんが切り出した。「今後が楽しみです」

残した声で参加
 小川さんは3年前、全身の筋肉が動かなくなるALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断された。声はほとんど出ない。それでも肉声で表現できるのは「マイボイス」と呼ぶシステムで声を残していたからだ。
 パソコンに入力した文字情報を前もって取り込んだ自分の声に変換する。同病院の作業療法士、本間武蔵さんが開発に携わり、これまでに約220人が録音した。治療に直接役立つわけではないが、本間さんは「患者の医療参加を後押ししたい」と力を込める。
 神戸市の人工島ポートアイランド。2013年に開業したチャイルド・ケモ・クリニックは小児がんの子供と家族が共同生活しながら治療を受けられる。
 楠木重範院長も子供の頃にがんを患った。その経験を生かし、設計段階から家族の声を取り入れ、面会ルールも話し合って決めた。「患者や家族と一緒に進めでこそ、理想の医療が実現する」(楠木院長)
 患者は長年、医師が決めた治療を受けるだけの立場とされてきた。いち早く改革に動いた米国では1973年に病院協会が「患者の権利章典」を作成。90年、連邦法に「患者の自己決定権」が加わった。
 日本でもインフォームドコンセント(十分な説明と同意)の考え方が徐々に浸透し、97年の医療法改正で理念が明確に位置付けられた。推奨される治療法などを記した診療ガイドラインづくりに患者が参加するケースも増え始めた。
 だが「医師に判断を委ねる『お任せ医療』はまだ根強い」と滋慶医療科学大学院大の飛田伊都子准教授は話す。技術の進歩が医師と患者の情報格差を広げている面もある。

医師任せ.jpg
リスクまで共有
 上下関係を解消し、病という共通の敵にどう立ち向かうか。近年、SDM(Shared Decision Making)という考え方が注目される。治療過程を共有し、医師が示した選択肢から患者が治療法を選ぶ。インフォームドコンセントと比べ、患者の意思決定権は強い。
 昨年秋、がん研有明病院(東京・江東)の大野真司乳腺センター長の元に乳がん患者が訪れた。腫療は3~4センチとやや大きめ。手術で取り除いても再発率は40%あり、術後の抗がん剤治療が望ましかった。
 選択肢は2つ。再発率を20%に抑えるタイプは手にしびれが残る恐れがある。もう一つは25%だが、しびれはない。患者は大野氏とじっくり話し合い「生きがいである書道を続けたい」と後者を選んだ。
 医療は患者と医師の共同作業だ。リスクや限界も含め情報を共有し、信頼関係を築かなければ、安全で安心な医療は実現しない。主役となる患者が「任せる」から「参加する」に意識を変え、行動を起こすことが「医出づる国」への第一歩となる。
 【2016年3月30日付日本経済新聞・1面】

ママたちが非常事態!?2─イヤイヤ期の子どもへの対処法 [脳科学]

ママたちが非常事態!?2─イヤイヤ期の子どもへの対処法

 2016年3月27日に放送されましたNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?2」(http://www.nhk.or.jp/special/mama/)におきましては、「イヤイヤ期の子どもへの対処法」も紹介されました。
非常事態2-1.JPG
 ニューヨーク大学のクランシー ブレア教授が「抑制機能を育てる重要なポイント」について科学的に解説します!
非常事態2-2.JPG

 詳細は、3月30日のFacebook動画としてアップロードしております。

子育て─ママたちが非常事態!?2 [脳科学]

ママたちが非常事態!?2
 http://www.nhk.or.jp/special/mama/

 3月27日に放送されましたNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?2」、すごく面白そうでしたので録画しておきましたが、今夜ようやく観ることができました。
 予想通り脳科学の話題満載でめっちゃ面白かったです。

 「愛着」の部位が特定されたんだ・・。
ママたちが.JPG

 「オキシトシン」は浮気防止になるんだ・・。
オキシトシン.JPG

 本日のFacebook動画も紹介していますのでご覧下さいね。

医療事故3600件 最多 [医療事故調査制度]

医療事故3600件 最多
 昨年、死亡事故は300件
医療事故の報告件数.jpg
 日本医療機能評価機構(東京)は28日、2015年に全国の医療機関から報告があった医療事故は前年比460件増の3654件で、年単位の集計を始めた05年以降、最多を更新したと発表した。15年末時点の参加医療機関は1018施設で、339施設から報告があった。件数の増加について機構は「再発を防ぐため報告の意識が定着してきた」としている。
 昨年10月には国内全ての医療機関や助産所(計18万施設)を対象に、「患者の予期せぬ死亡事例」が起きた場合の第三者機関への届け出と、院内調査を義務付けた医療事故調査制度がスタート。医療機関の対応が今後も問われている。
 機構によると、法令に基づき報告が義務付けられている大学病院や国立病院機構の病院は243施設で3374件の報告があった。このうち死亡事例は306件(9.1%)、障害が残る可能性が高い事例は324件(9.6%)だった。
 報告の内容別で最多だったのは、患者の転倒など療養上の世話に関する事例(36.4%)で、治療や処置に関する事例(30.2%)が続いた。
 一方、任意で参加する医療機関の事故報告は、96施設で280件。機構は「報告義務のある医療機関と差が大きい」として積極的な報告を求めている。機構は、医療行為に関連して患者が死亡したり、当初予期された水準を上回る処置が必要になったりしたケースを医療事故として情報収集。05年からは1年間の報告件数をまとめている。
 【2016年3月29日付日本経済新聞・社会】

AI 病気診療手助け [人工知能]

AI 病気診療手助け
 病名など提示 医師の見逃し防止
 自治医大、新年度にも試験

 人工知能(AI)が医師の病気の診療を支援するシステムを開発したと、自治医科大と医療機器メーカーなど5社が28日、発表した。患者の症状などを入力すると、人工知能は考えられる病名とその確率を計算する。新年度にも自治医大で運用試験を始めるという。
 自治医大によると、これまでも人工知能が一つの病気についての治療法を見つけ出す試みはあるが、患者の症状などから、複数の病気を提示する仕組みは世界でも珍しいという。
 システムは主に、ロボットも活用して電子カルテに入っている多数の患者の診療データなどを集約したビッグデータの医療データバンクと、それを使って個々の患者の病気の候補を挙げる人工知能からなる。
人工知能診療2.jpg
 患者は診察時に自分のIDカードをかざした後、症状などをたずねる「予診票」を紙ではなく、ロボットの指示で画面に入力。過去の診察結果などとともに電子カルテに表示される仕組みで、医師は問診で症状をさらに追加していく。
 それらの情報を受けた人工知能「ホワイト・ジャック」は、医療データバンクをもとに、考えられる病名とその確率、必要な検査などを提示。さらに詳しい症状を医師が足すと、再度、病名を提示し、確率も計算し直す。可能性がある病気に対し、専門医がこれまで処方してきた薬の割合も伝える。最終的にそれら情報から医師が診断する。
 すでに患者の診療や検査、処方薬の情報など計8千万件が集約された医療データバンクを構築。今後さらに、各地の医療機関などと協力し、充実させていくという。
 システムは自治医大のほか、創薬支援などをしている会社「LSIメディエンス」や医療機器会社「東芝メディカルシステムズ」などと開発した。自治医大の石川鎮清教授(総合診療)は「人工知能が病名を挙げることで、うっかり見逃してしまうことを防げるという支援の役割が大きい」と話す。(合田禄)
 【2016年3月29日付朝日新聞・総合3】

私の感想:
 性能が向上してきたら、いや、もしかしたら今でも、私は専門分野以外では「診療ロボAIちゃん」(←名前がついてないと呼びにくいので私が勝手に命名しました)に診断能力で劣っているかも知れません。

医療未来予想図Ⅱ:
 2025年、医療界は一変していた。

 受付から診察室まですべてロボットが案内してくれた。
 患者さんが診察室に入ると、初診医は「診療ロボAIちゃん」だった。
 「診療ロボAIちゃん」の下した診断は、胃癌だった。実に淡々と告知されてしまった!
 15分後、第一外科の診察室に座って待つこと5分。今日初めて人間と出会えたのだった。病院に入ってから30分も経たないうちに、執刀医から今後の検査・手術に関する案内があった。とは言うものの実際には、説明をしてくれたのもロボットだった。
 手術の合併症、入院期間など、すぐにプリントアウトされて出力された。最新の自動インフォームドコンセント機器のお陰で、医師は「説明と同意」に関してもロボットに任せれば良い時代になっていたのである。

 こうして内科医が不要となった近未来は、手に職を持つ外科系の医師しか居なくなったのである!


P.S.
 きっと近い将来、ドクターGが「診療ロボAIちゃん」に負ける時代が来ることでしょう!


この意見に対する医師の反応は?
 → https://community.m3.com/v2/app/messages/2508510


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。