So-net無料ブログ作成

アルツハイマー介護負担、日本と台湾での比較:熊本大学 [アルツハイマー病]

アルツハイマー介護負担、日本と台湾での比較:熊本大学
 台湾におけるアルツハイマー病(AD)の介護負担は、日本と同様に緊急の社会的課題となっている。介護負担の比較は、それぞれの国における介護者の負担感を明確にする可能性がある。熊本大学の松下 正輝氏らは、日本と台湾のADに対する介護負担の比較を行った。International psychogeriatrics誌オンライン版2016年1月28日号の報告。
 試験参加者は外来AD患者343人、日本の介護者230人および台湾の介護者113人。Zarit介護負担尺度(ZBI)の日本語版と中国語版を使用し、介護負担を評価した。初期解析では、各グループのZBIの因子構造を確認するため、探索的因子分析を行った。そして、複数グループ構造方程式モニタリング(MG-SEM)は、ZBIの測定不変性(たとえば構造不変性、計量不変性、スカラー不変性など)を評価するために使用した。最後に、日本と台湾のZBI潜在因子平均値を比較した。

 主な結果は以下のとおり。
・両グループにおいて、確証的因子分析では、「介護者の生活への影響」「恥ずかしさ/怒り」「依存関係」の3つの要因が抽出された。
・MG-SEMでは、許容可能なモデルの適合を示し、部分スカラー不変性を認めた[CFI(comparative fit index):0.901、RMSEA(root mean square error of approximation):0.066]。
・潜在因子平均値の比較では、台湾の介護者における「介護者の生活への影響」のスコアは、日本の介護者よりも有意に高かった(p=0.001)。
・しかし、台湾の介護者の「依存関係」は、日本の介護者よりも低かった(p<0.001)。
 結果を踏まえ、著者らは「部分測定不変性により、両国の潜在的因子平均値を比較することができた。比較の結果、日本と台湾では介護負担の感じ方に違いがある可能性が示唆された」としている。

【PMID:26817492
 Cross-cultural study of caregiver burden for Alzheimer's disease in Japan and Taiwan: result from Dementia Research in Kumamoto and Tainan (DeReKaT).

Journal
 International psychogeriatrics / IPA. 2016 Jan 28;1-8.

Author
 Masateru Matsushita, Ming-Chyi Pai, Cai-Ying Jhou, Asuka Koyama, Manabu Ikeda】

医療相談─肉離れ [スポーツ]

 Facebookで玉田先生に医療相談しました。


玉田先生

 またしても医療相談で申し訳ございません。
 今回は私自身の症状に対する相談です。

 2月25日・木曜日に、ランニングをしていて、途中で調子に乗ってダッシュしてみました。そうしたら10m程度ダッシュした時点で右ふくらはぎに激痛が走り、それ以降、階段を登ったり、ダッシュしたり、ジャンプしたりすると痛みが出現するため強い強度の運動ができません。
 症状からは「肉離れ」が疑わしいです。ロキソニン、芍薬甘草湯などは服薬してみましたが効果がありません。
 私の印象としましては、腰部椎間板ヘルニア後遺症で右脚の筋肉バランスが崩れており、いわゆる“凝った”ような状態になっており、肉離れを起こしやすい状況になっているような感じがします。
 なお、腰痛に関しては、現状ではもうほとんど痛みは消失しております。

 メルクマニュアルを読みますと、以下のような記述がされております。
 「ウオーミングアップ:ウオーミングアップとは文字通り、筋肉を温めるという意味です。筋肉は温まると柔軟になるため、収縮に時間がかかる冷えた筋肉に比べて、肉離れが起こりにくくなります。軽い運動(たとえば、ランニングよりもウオーキング、あるいは軽い重量の使用)から始めると血流量が増え、筋肉の温度が上昇します。
 低い強度で始めると、適切な筋肉協調を習得する時間的な余裕ができ、トレーニングの強度を上げた時に、けがを予防するのに役立ちます。ひどい肉離れなどの予防にもつながります。」

 そこで質問です。
質問1:
 症状からは「肉離れ」が疑わしいのですが、内出血は伴っておりません。
 「肉離れしかけ(=出血を伴わない“軽い”肉離れ?)」という病態は存在するのでしょうか?

質問2:
 肉離れに対して、ロキソニン、芍薬甘草湯などは効果が期待できませんか?
 何か有用な痛み止めはありますでしょうか?

質問3:
 実は今週末の6日、ガーデンカップという県の大会にエントリーしているのですが、現状では、極めて「再発しやすい」状態ですよね? 無理はできないですよね?

 以上3点、アドバイスを頂けましたら幸いです。よろしくお願い致します。

P.S.
 写真は、私が数年前にやってしまった左大腿の肉離れ! まともに歩けるようになるまで約1か月かかりました。テニス(職場の金曜ナイター)をやっているときにポーチに出てジャンピングボレーをやった際に「プチッ」と何かで殴られたような感じを左脚裏に感じ、そのままコートに倒れ込んでしまいました。
 これで、数年間も競技人生から遠ざかりました。
肉離れ.jpg

肉離れを最短で治すための治療法 FMT整体 [スポーツ]

 意外に感じられるかも知れませんが、「肉離れ」に関する記述って、医学書などにほとんどないんですよね。
 メルクマニュアルにもわずかしか記載がありませんね。

肉離れを最短で治すための治療法
 http://f-mt.info/condition/tear-a-muscle/2324.html
 「肉離れに対して、病院ではアイシングやシップ、そして安静を勧められるだけで特にこれと言った治療法は行なわれません。
 『冷やして安静にしてください』、この一言で様子見となります。
 もちろん、肉離れは、筋断裂のため炎症が起きているので運動、マッサージなどは禁止されています。」

 えっ! そうなん? 昨日、風呂で30分かけてマッサージしてしもた!


 「驚かれるかもしれませんが、逆に温めた方が筋肉の柔軟性が出てきて、血流が流れやすくなり治癒が促進されるのでオススメです。
 しかし、温めたいからといって、温シップを使うのは止めてください。」

 温めるのか・・。何となく納得!


 「肉離れを完全に完治させないままの運動は、 痛みをかばう動作が身についてしまいます。それを繰り返すうちに、かばい動作がクセになってしまいパフォーマンスが著しく落ちて、いくら練習をしても上達しない三流選手になることになります。」

 図星や! ダッシュもジャンプもしないでテニスは無理やろ!
 昨日なんて、中西選手には、遠いところにサービスを叩き込まれて、コースを見ただけで諦めて追うこともせず、ノータッチエースを量産される始末・・。
 ダブルスでも、前に落とされたら拾いに行かず・・。仮に追いに行っても、走るのが遅くてギリギリ拾える状況なのでスイートスポットで捉えることができず相手のチャンスボールを打つことになってしまう。


 「もう安静にしている時間はありません。」

 ここは企業秘密みたいや! 具体的な記述が無いので、どう動かすのか読んでもよくわからない。。。


FMT整体を一言で表すと?
 「押したり揉んだりしないには理由があります。
 異常硬結を起こしている筋肉細胞は、簡単に言うと疲労物質でパンパンに浮腫んだ状態にあります。そこに強い力で押したり揉んだりすれば、軟組織が潰れたり、内出血を起こしたりして、筋肉はさらに硬化していきます。
 また弱った組織に強い力で刺激を加えることは、さらに神経を緊張させることになるので、治癒が遅れてしまうのです。」


FMT整体のFacebook
 https://www.facebook.com/fmttherapy


津市にもFMT整体があるのか・・
 三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル3F西-B,059-272-4860
 http://tsu.bu-shu.info/index.php?FrontPage

P.S.
 保険が効かないから高いなぁ・・
施術料金:
 初診料  2,100円(税込)
 施術料  5,250 円(税込)

施術時間:
 【平日】午前 10:00~13:00/午後 15:00~20:00 
 【土日】午前 10:00~12:00/午後 13:00~17:00

メルクマニュアル [医療情報公開]

 ネット上には玉石混交の医療情報が溢れています。情報が氾濫しており信頼できるサイトかどうかを判断することは素人には困難であるのが現状です。
 莫大な医療情報収集から入ってしまうと、「医療情報の海に溺れる」ことにもなりかねません。
 そんな時に私のお勧めは、先ずは「メルクマニュアル」の活用です。
 メルクマニュアルは、世界の医師のバイブルとして治療に役立てられている本です。しかも幸いにして、無料で閲覧することができます。ただ利用に際しては、「注意事項」(http://merckmanual.jp/mmhe2j/about/front/note.html)はご一読下さいね。
 メルクマニュアル家庭版は、医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、分かりやすく書き下ろした家庭向けの医学書です。メルクマニュアル医学百科家庭版のトップページ(↓)において、「検索」のところへ調べたい疾患名などを入力すると、種々の情報を入手することができますのでご活用下さい。
 http://www.merckmanuals.jp/home/index.html

P.S.
 メルクマニュアルにおいて、「肉離れ」をキーワードとして検索してみますと以下の情報などが得られます。
 「運動プログラムを最も安全に始める方法は、選択した運動やスポーツを低い強度で行うことです。低い強度で始めると、適切な筋肉協調を習得する時間的な余裕ができ、トレーニングの強度を上げた時に、けがを予防するのに役立ちます。ひどい肉離れなどの予防にもつながります。手足が痛み出したり、体が重くなってきたら運動をやめます。運動の数分後に筋肉が痛み出すようであれば、それ以上続けてはいけません。フィットネスが増すにつれ、筋肉に痛みを感じることなしに、より長時間運動できるようになります。しかし、筋肉を強く大きくするためには、ある程度の苦しさはつきものです。フィットネスの目標を達成するための運動量(強さや持続時間)は、必要に応じて徐々に増やしていくことができます。」
 「ウオーミングアップ:ウオーミングアップとは文字通り、筋肉を温めるという意味です。筋肉は温まると柔軟になるため、収縮に時間がかかる冷えた筋肉に比べて、肉離れが起こりにくくなります。軽い運動(たとえば、ランニングよりもウオーキング、あるいは軽い重量の使用)から始めると血流量が増え、筋肉の温度が上昇します。したがって、ウオーミングアップは、けがの予防に役立ちます。筋肉の温度を上げない運動には、このような有益性はありません。またウオーミングアップは、より強度の高い運動に対する心の準備としても役立つことから、自信や意欲を高め、より質の高い運動に必要な心と筋肉のつながりを向上させます。」

キャタピラン [テニス]

キャタピラン2.JPGキャタピラン

 紐を結ばなくても良い靴ってご存じですか?
 私はテニスシューズを前もって、紐を二重ロックで結んであります。ですから、「結び直す」面倒さはないのですが、人気商品のキャタピタン(伸縮型靴紐)に興味があり&ランニングシューズが全くなったので、スポーツゼビオ津ラッツ店(第2・4日曜は10%割引日)に行き、ランニングシューズ(MIZUNO マキシマイザー17 27.0cm K1GA150209)とともに、新しいラケット用のグリップテープ、そしてキャタピラン(907円)を購入してきました。

P.S.
 かなりよく知っている店員さんだったようで、「ランニングシューズにこだわりは無いので安くて良い」「幅が広いタイプが良い」といった私の要望に迅速にアドバイスしてくれました。店員さんの名前を覚えておけば良かった・・。男性ですよ・・。誤解無きように!
 因みに、テニスシューズには、「キャタピタン」などの紐無しは不向きだそうで、靴紐無しのテニスシューズは現在発売されていないそうです。
 本格的な紐無し(=ワイヤータイプ)ランニングシューズも売ってましたが、16000円程度と高価で私には必要ないものでした。

 なお、「キャタピタン」は、横の動きが多いテニスには不向きだそうです。

若手・中堅座談会:「2035年の医療を語る」 [医療]

シリーズ: 若手・中堅座談会
 「2035年の医療を語る」

インセンティブが重要?「医師にも成果報酬を」◆Vol.7
 「真のブレークスルーは起こらない」の声も
 https://www.m3.com/news/iryoishin/399567?dcf_doctor=true&portalId=mailmag&mmp=MD160228&dcf_doctor=true&mc.l=146245429


渋谷:
 今までの話では、先進医療は医療の進歩に必要だが、革新的なものに関われる医師は一部の人だけで、コモディティ化していく人もいる。今ある適正な医療技術で回していけば、それがアウトカムにも良いという意見が出た。それは正しいと思う。
 ただ、医療はある程度、革新的なものに取り組み、進化させていくことが絶対必要。そのバランスが重要。そういう場合に、皆はどちらにいたいか。大学にいたいのか、一般病院にいたいのか。それは偉くなりたいとか、欲望の話ではない。自分の達成感、人がやっていないことにチャレンジしようというのが達成感になると思う。どう考えるか。

杉原:
 僕は教科書に載るような仕事がしたい。そういう夢がある。その意味では最先端の開発の方にいたい。

渋谷:
 でも、一般病院の泌尿器科部長でも良いと言っていたが。

杉原:
 大学で一旗揚げて、部長になりたいですね。面倒な仕事を押し付けられる前に……。

渋谷:
 調子良いですね(笑)。公平先生は?

公平:
 ジェネラリストとスペシャリストだったら、やはりスペシャリスト。あと、クオリティも保つためには、ある程度大きい施設にいないといけない。それで自分の安心感と達成感が得られる。

渋谷:
 お二人は、自分で開業したいとは思わない?

杉原:
 ないですね。

公平:
 ないですね。40歳ぐらいまでで、何となく方向性が見えてくるんだと思う。

杉原:
 私は、医療の進歩について、「もう真のブレークスルーはないのでは」と思っています。抗生剤、麻酔、予防接種、CTといったレベルのブレークスルーとなる発明は出尽くしてしまい、今後は高額だが効果は限定的な治療しか生まれない。再生医療も遺伝子治療もロボット手術も、発達すればするほど高額すぎて皆保険制度にはなじみません。
 頂上をぐっと持ち上げるような医療の進歩は限界に来ています。底を上げるのではなくて、中央値を上げるような方向に移るべきだと感じています。一発で皆のOS(全生存期間)が改善する治療はもう無いと思います。

渋谷:
 技術進歩が価格破壊を起こせば別ですが。それに、今までと違って、単体のどこかのパーツが壊れるというよりも、(高齢者の病気の多くは)生活習慣や加齢のプロセスだから、ますますそういうことになりますね。医療自体がより生活に近いところになる。
 では、達成感について。診療報酬は(誰がやっても)値段が同じです。成果による報酬があるとやる気になりますか?

公平:
 例えば、専門医を取得して、部長になったり、重症例を診たりとか、そういうインセンティブが確実に付いていないと。今の状況では5年目、10年目、15年目であっても、報酬は変わらない。インセンティブがほとんどない状況です。大学ではアルバイトに行かないと収入が減る、大学に残ることがデメリットにならないようすべきです。成果主義というか、取得した専門医資格試験などが必ず給料に反映されるように。

伊藤:
 外科医は自分の腕がいいと言うのが、一番のモチベーションだと思います。それを評価して認定してくれる、専門医、認定医があるといい。

杉原 専門医は専門に集中させてほしいです。特に日本のドクターは雑用が多い。医師免許がないとできないことに特化してやらせてほしい。

吉野:
 外科医は忙しいことが多いですが、他の暇そうで、いつも医局でお茶飲んでいる先生と給料が同じというのは、「どうかと思うよね」という話はあります。

公平:
 眼科や耳鼻科など、診療科の保険点数の差によっても、大きく違う。そのことが病院の中でも、やる気をだいぶ変えていると思う。ベースの給料は一緒でも、外来患者数など、何か給料に反映させるものが必要です。

吉野:
 忙しいことと儲かることは、また別の話ですよね。すごく働いていてとても大変な科なのに、病院経営で見ると良くない、となってしまうこともある。

渋谷:
 忙しさとは別に、何を見てほしいですか。仕事の割に給料が悪いなら辞めて他に移ればいい。でも、 本当に患者のためになっていて、結果が出ているならきちんと評価されるべきですよね。

吉野:
 外科では、「患者が元気になってくれればありがたい、それがやりがい」と言ってやっている人だけが残っている。若い先生は「自分の生活を大事にしたい、そんなコスパ(コストパフォーマンス)の悪い科は嫌だ」となって、外科医はどんどん減っていると思う。

森田:
 値段は自由化しないといけないと思う。今は診療報酬で、在宅医療に誘導したりしているが、それをやったために“悪徳業者”が出てきた。利益誘導しているのだから、利益を取ろうとする人が出るのは当然です。それならば、利益誘導しなければいいと思う。需要があるのなら、価格を自由にすれば、ある程度お金を払う人は絶対に出てくる。経営がそれで成り立つ。

渋谷:
 確かに一律の診療報酬と価値がマッチしていないのは問題 。でも全てが市場原理のみでは、医療は成り立たない。そういうコンセンサスはある。

岡崎:
 渋谷先生の生きがいは何ですか?

渋谷:
 僕は、生まれたからには世の中の役に立ちたい、と思う。そして、いつも、自分がわくわくすることをやっていたい。志を共にできる人との出会いが全てで、「この人と一緒に仕事がしたいな」「楽しいな」と思う。そこで自分の力が発揮できたら最高です。

渋谷:
 岡崎先生は?

岡崎:
 自分は自分の手で患者に診断をつけて、治療していければ...実家の父も医師ですが、実家には帰ってくるなと言われています。地元で医師をするなら、地元の大学卒でないと厳しいようです。自分が東京大学で勉強できたのは、家族の助けがあり、とても恵まれていると思います。社会に対して還元しないといけない。そう考えています。
 将来的なことについては、進みたい科すら決まっておらず、具体的な将来が思い描きにくいのが正直なところです。最終的には、日本の医療・患者さんに最大限貢献したいので、幅広く世の中や医療のことを知らなければならないのは間違いないと思います。


【参加者プロフィール】(※所属は2015年11月末現在)
【司会】渋谷健司氏 東京大学大学院教授
 公平順子氏(静岡市立静岡病院所属、2000年卒)
 吉野美幸氏(新座志木中央病院、国境なき医師団に所属、2004年卒)
 杉原亨氏(東京医科大学病院所属、2005年卒)
 伊藤丈二氏(東京ベイ浦安市川医療センター所属、2006年卒)
 森田知宏氏(相馬中央病院所属、2012年卒)
 岡崎幸治氏(日本海総合病院所属、2015年卒)


 

PPIで高齢者の認知症リスク4割増 [認知症]

PPIで高齢者の認知症リスク4割増
 ドイツ健康保険データで有意な関連
 【m3.com編集部2016年2月26日 (金)配信】

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)を日常的に服用する高齢患者では、認知症リスクが4割以上高まることが、ドイツ公的健康保険データを用いた前向きコホート研究から明らかになった。ドイツ神経変性疾患センターのWilly Gomm氏らがJAMA Neurology2月15日オンライン版に報告した論文で、動物実験や薬物疫学の結果を裏付ける内容という。
 研究では、ドイツ最大の公的医療保険Allgemeine Ortskrankenkassen から2004-11年の入院および外来における診断記録とPPI処方データを抽出。75歳以上でベースライン時に認知症のなかった約7万3,679人について、年齢、性、既往、多剤併用などを調整した解析を行った。
 その結果、日常的にPPIを服用する群(2950人、平均83.8歳)では、非PPI服用群(7万729人、83.0歳)に比べ、認知症発症リスクが44%有意に上昇することが分かった(ハザード比1.44 [95% 信頼区間1.36-1.52]; P < .001)。
 Gomm氏らはこの結果から、「PPIの服用回避が認知症発症を抑制するかもしれない」と結論。PPIによって脳内アミロイドβ値が上昇したというマウス実験や薬物疫学の一次データの裏付けにもなるとして、さらなる検討のため無作為化前向き臨床試験が必要と指摘している。
【Willy Gomm, PhD, Klaus von Holt, MD, PhD, Friederike Thomé, MSc et al:Association of Proton Pump Inhibitors With Risk of Dementia─A Pharmacoepidemiological Claims Data Analysis  JAMA Neurol. Published online February 15, 2016. doi:10.1001/jamaneurol.2015.4791】


コメント:
 逆流性食道炎にてプロトンポンプ阻害薬(PPI)を服薬されている方は結構多いのではないでしょうか。
 プロトンポンプ阻害薬(PPI)については、wikipediaに分かりやすく記載されておりますのでご参照下さい。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97%E9%98%BB%E5%AE%B3%E8%96%AC

歌って動いて「いい刺激」 [認知症]

認知症の音楽療法.jpg
 本日の朝日新聞・教育面の記事です。
 三重大学神経内科教室の佐藤正之准教授らが取り組んでいる認知症患者さんに対する音楽療法の詳細が紹介されています。

新・特命係長 只野 仁 [日々想々]

週刊現代20060923.jpg
 2006年9月23日発行の週刊現代に掲載されました、『新・特命係長 只野 仁』の第250話「淋しい王様②」の一コマです。

認知症事故 家族に責任? [認知症]

認知症事故 家族に責任?
 JR東海賠償請求 最高裁1日判決
 在宅介護へ影響大きく

 訴えられているのは、男性と同居して介護していた妻と離れて暮らしていた長男。民法は責任能力の無い人が第三者に損害を与えた場合に「監督義務者」が賠償責任を負うとしている。上告審では①妻と長男が監督義務者に当たるか②当たる場合に責任が免除されるケースに該当するか――が争点になっている。
 これまで子供が事故を起こした場合の親の監督責任については多くの裁判例があるが、認知症の人が事故を起こした場合の家族の監督責任については判例がなく、最高裁で争われるのも初めて。
 訴訟でJR東海側は、男性を介護していた妻と介護方針を決めていた長男は監督義務者に当たり、監督責任を怠ったと主張。事故で生じた振り替え輸送費など約720万円の賠償を求めた。
 それに対し、家族側は「認知症の人をわずかな隙もなく見守るのは不可能で、できる限りの義務は尽くしていた」と反論。妻と長男についても「監督義務者にあたらない」と主張していた。
 一審・名古屋地裁判決は長男と妻にJR側の請求通り約720万円の賠償を命じた。長男は監督義務を果たさず、妻は介護中に目を離した過失責任があると判断した。
 二審・名古屋高裁判決は長男は監督義務者に当たらないとしたが、妻の監督責任は認め、約360万円の賠償を命じた。「駅員が注意深く監視するなどしていれば事故を防げた」として、賠償額を半分に減額した。
 JR側、家族側の双方とも二審判決を不服として上告。最高裁は今月2日、双方の主張を聞く弁論を開いた。二審判決の結論を変更する場合は弁論を開く必要があるため、最高裁は二審の判断を見直すとみられる。
【2016年2月27日付日本経済新聞・社会】