So-net無料ブログ作成
検索選択

展望記憶 [認知症]

朝日新聞アピタル「ひょっとして認知症-PartⅡ」第7回『認知症の中核症状に関する理解を深めましょう─遂行機能障害(1)』(2012年12月18日公開)
 2番目は遂行機能障害(実行機能障害)です。
 実行機能(遂行機能)とは、「目標設定」、「計画立案」、「目標に向けての計画の実行」、「効果的行動」からなり、これらの機能が障害される遂行機能障害においては、目的をもった行動や動作の遂行が困難な状態となります。
 作業を順序立てて効率よく行うことができなくなるため、料理・掃除・仕事・後片付けなどの「段取り」が悪くなります。
 精神科医の小澤勲さん(故人)が料理を例に挙げて遂行機能障害(実行機能障害)について分かりやすく説明しておりますので以下にご紹介しましょう(一部改変)。
 「料理の完成、つまりは最終目標を目指して作業を始めるのだが、そのためには、そこに至るための計画を大まかであっても前もって立てておかねばならない。その計画を覚えておいて(展望記憶とよばれる メモ1参照)、作業を続け、節目節目でフィードバックをかけながら、つまり、現在の作業は確かに最終目標に向かって成功裏に進んでいることを見定めながら、ずれているようなら調整して、手順を進めていくことが必要なのである。
 これが彼らには難しい。一つひとつの作業なら見事にやってのける。お好み焼きをつくろう、ということになってキャベツを刻んでいただいたら、かなり重度の認知症の方でさえ見事な包丁さばきだった。しかし、はじめから料理を任せると、うまくいかないのである。ときには、まったく食することができないものになってしまうこともある。
 クリスティーンさん(メモ2参照)は食材や調味料などを使用する順番に並べておき、使用すると元に戻すようにしていると言われていたが、このような準備作業を思いつかない人の方が多い。だから、個々の行為の『つなぎ役』を買って出る人が必要になる。」(小澤 勲:認知症とは何か 岩波新書出版, 東京, 2005, pp134-135)

メモ1:展望記憶
 慶應義塾大学文学部心理学研究室の梅田聡准教授が展望記憶について分かりやすく説明しておりますので以下にご紹介します(一部改変)。
 「展望記憶(prospective memory)とは、未来に実行すべきことの記憶、すなわち『意図』の記憶を意味する。展望記憶では、日常生活において、ある行為を『タイミングよく』思い出すことが必要とされる。それに対して一般に臨床場面で広く用いられている記憶検査では、記憶障害の程度を調べるために、たとえば、単語や絵を覚えてもらい、その再生や再認の能力を調べる。こうした、いわば過去に起きた出来事の記憶は、回想記憶(retrospective memory)と呼ばれ、展望記憶と対立する概念として捉えられており、そのような一般的な記憶検査で展望記憶のパフォーマンスを測ることはできない。
 このような視点から日常生活を振り返ると、たとえば、お湯を沸かそうとしてつけた火をあとで止める、スーパーに行って複数の買い物をする、家族が帰ってきたら○○さんから電話があったことを伝える、食事が終わったら薬を飲むなど、単純な回想記憶ばかりでなく、展望記憶の能力が求められる場面が多いことがわかる。展望記憶の機能が低下すると、日常生活において『し忘れ』が増大し、結果として、家族や友人とのコミュニケーションを円滑に保つことが困難になる。展望記憶をうまく機能させることができてはじめて、安定した日常生活や他者とのコミュニケーションを確保することができる。
 Functional MRIを用いた脳機能画像研究などから、展望記憶の遂行に前頭前野の複数の部位が関与していることが明らかになった。
 Huppertらは健常者と認知症患者に対し、Rivermead Behavioral Memory Test(RBMT)に含まれる展望記憶と回想記憶を調べる課題を実施した(Huppert FA, Beardsall L:Prospective memory impairment as an early indicator of dementia. J Clin Exp Neuropsychol Vol.15 805-821 1993)。そして、軽度認知症患者と健常者の成績の差が回想記憶よりも展望記憶で顕著であることから、展望記憶課題の成績は認知症の初期段階の進行程度を検出する上で優れた指標になりうるとした。」(梅田 聡:忘れてはならない高次脳機能障害─展望記憶障害. 神経内科 Vol.76 345-349 2012)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。